IT社労士 坂下信也ブログ

忙しい社長の思考とその対策

社長業とは忙しいもの。
そう思われる経営者は多くいらっしゃるんじゃないでしょうか。
確かに経営者は、やることも多く、突き詰めるときりのない業務です。
しかし、同じことをするにあたって1日で完結してしまう経営者もいれば、
1週間かかる経営者もいることは事実です。
結果が同じであれば早く終わらせた方が時間的コストは少なくて済み、
その分新しい行動に移すことができ、その結果、会社の業績は大きく変わってきます。

そこで今回は4回にわたり、忙しい社長とそうでない社長の違いがどこにあるのか。
その違いによって業績がどう変わるのか見ていきます。

忙しい社長の口ぐせ

さまざまな経営者とお会いする中で、忙しい社長は次のような言葉を発しています。

  • 時間がない
  • 日々の業務に追われてやりたいことに手が付けられない
  • 部下の教育ができていない
  • トラブル対応だけで1日が終わった

などなど、目の前に迫って来たものだけしか対応できていないため、悲観的な言葉が多いように思います。
また、口から発せられるもの以外にも、漂うオーラからも余裕のなさがうかがえます。

余裕のある社長への糸口

それでは忙しい社長から余裕のある社長へ変身するためにどんなことを行えばいいのでしょうか。

  1. 1日当たりもしくは1週間当たりの行動を可視化する
  2. 可視化したものをさらに細分化する
  3. 細分化したものに優先度・緊急度に応じて点数をつける
  4. 点数に応じて、振れるもの・捨てるものに仕分けする
  5. 業務を振れる人材の確保と委託

詳細は、次回以降のブログにて

行動をし続けた結果、

では、上記の1から5を続けていった結果どうなっていったか。
2018年12月にとある社会保険労務士さんと出会い、売上げが上がらないという相談を受けました。
そのときの2019年の1年間の予測売上げが約630万円。
一方で事業にかかる経費と生活費を合わせると約690万円。
完全な赤字です。

そこで上記の1から5をについてコーチングを交えながらコンサルティングしていった結果、

2019年 約850万円
2020年 約1,100万円
そして
2021年はなんと1,800万円を超えようとしています。

行動一つ一つを分析していくだけでそれが次の行動につながり、
それがこのような結果を生みました。
結果はコントロールできませんが、行動をいかにコントロールするかが大切になってきます。

数十年前に「24時間戦えますか♪」というCMがあったように、
日本人は一生懸命働くことに美徳を感じる人種なのかもしれません。

かくいう私もそうでした。
昼間にお客様のところに訪問して、夜に事務作業。
締め切りに追われながら1日が終わっていく。

そんな姿がカッコイイと思えた時期もありました。
しかし、時代は変わり、低い生産性のままでは生き残っていくことは難しくなっています。

時代の変化に積極的に向かっていく。
そんな経営者のお役に立てればと思い、ブログを書いていきたいです。

ハローワークインターネットサービスがより便利に(求職者の方へ)

,

2021年9月21日からハローワークインターネットサービスの機能が更に充実し、

オンラインで受けられるサービスが広がりました。

では、どのようなサービスが新たに受けられるようになったのでしょうか。

  

  • ハローワークに来所せず、オンライン上で「求職者マイページ」を開設できます。
  • ハローワーク利用者の方は、オンラインで職業紹介を受ける「オンラインハローワーク紹介」が利用できます。
  • ハローワークインターネットサービスで探した求人に直接応募する「オンライン自主応募」ができます。

 

「求職者マイページ」とは

まず、「求職者マイページ」についてご説明します。

求職者マイページとは、開設すると、自宅のパソコン等から、ハローワークインターネットサービスを利用する際に

以下の機能等が使えるようになるサービスです。

  • 求人情報検索(検索条件の保存など)
  • 求人への直接応募(オンライン自主応募)
  • 求職活動状況の確認(応募中の求人や選考が終わった求人の確認)
  • 登録した求職者情報の確認・変更
  • メッセージ管理

ハローワークを利用されている求職者(来所登録者)のみが利用できる機能

  • ハローワークからお送りするおすすめ求人等の受信
  • ハローワークからオンラインでご紹介する求人への応募(オンラインハローワーク紹介)

  

「求職者マイページ」を開設方法

これまでは、 「求職者マイページ」の開設には、ハローワークに出向き、来所者端末で次の登録作業をおこなう必要がありました。

<従来の方法>

1)求職情報を仮登録する

2)ハローワークの相談窓口において求職を申し込む(本登録)

3)パスワードを登録する

4)求職者マイページが開設される

    

2021年9月21日からは、ハローワークインターネットサービスのホームページにて次の登録作業をおこなうことにより、

自宅のパソコンから「求職者マイページ」を開設できるようになりました。

<新しい方法>

1)ハローワークインターネットサービスのホームページ上の「仕事をお探しの方へのサービスのご案内」にある

「求職者マイページ開設(パスワード登録)」のタブをクリックする。

2)マイページ利用規約等への同意

3)メールアドレスの入力(パスワード登録申込)

4)パスワードの登録

5)求職者マイページが開設される

  

「オンラインハローワーク紹介」 、「オンライン自主応募」 とは

続いて、 「オンラインハローワーク紹介」 、「オンライン自主応募」 についてご説明します。

2つのサービスには以下の表のような特徴があります。

 オンラインハローワーク紹介オンライン自主応募
概要職業相談で希望する求人条件等を確認している求職者を対象に、求人との適合性を判断して、ハローワーク職員から、「求職者マイページ」を通じてオンラインで職業紹介をうけることができるサービス求職者がハローワークインターネットサービスで探した求人について、ハローワークの紹介を受けずにオンラインで直接応募できるサービス
一度ハローワークに出向く必要ありなし
求人情報職業相談に基づいて届く自分で検索
紹介状の発行ありなし
再就職手当や広域求職活動費等の支給対象対象外

「オンラインハローワーク紹介」をオススメするのはこのような方

  • 職業相談をしたうえで、ハローワークからおすすめの求人を受け取りたい
  • ハローワークでの職業相談の際に検討した求人について、求職者の方がいったん自宅に持ち帰って家族などと相談したい
  • 雇用保険に加入していたので、再就職手当を受け取りたい

※「オンラインハローワーク紹介」を利用するためには、

ハローワークで、職業相談・求職登録を受けること、「求職者マイページ」を開設することが前提条件となります。

「オンライン自主応募」をオススメするのはこのような方

  • ハローワークに行く時間がないので、自分で応募しようと思っている

※「オンライン自主応募」をするにも「求職者マイページ」の開設が必要です。

 

気を付けておきたいこと

「オンライン自主応募」だと、再就職手当と就業手当について、

離職理由による給付制限を受けた方が待期期間満了後1か月間に応募する場合は、

支給がされません。

また、常用就職手当、移転費および広域求職活動費も支給されないので、

「オンライン自主応募」は、雇用保険に入っていた方は、注意が必要です。

 

新しいサービスを受ける流れをフローチャートにすると以下のようになります。

 

利用方法

マイページ内での手続きの流れはこのようなものになります。

 

 

いかがでしたでしょうか。

今までは、ハローワーク求人には

ハローワークに出向いて応募を完了しなければなりませんでしたが、

一旦持ち帰って考えたり、ハローワークを通さず自ら応募できるようになったことで、

求職者に有益な面も大きいのではないでしょうか。

詳細を知りたい方は、こちらをご覧ください。

事業再構築補助金の手引きが公表されました

皆さんこんにちは。IT社労士の坂下です。
本日は、事業再構築補助金についての情報です。

3月22日に経済産業省が事業再構築補助金の手引きを出しました。

事業再構築補助金とは?

事業再構築補助金とは、コロナによって経営にダメージを受けた方が今までのノウハウを使って、新たな事業にチャレンジするときに費用の一部を支援してくれる補助金です。

事業再構築補助金の手引き ダウンロード

事業再構築補助金の手引きは経済産業省のホームページからダウンロードできます。

事業再構築補助金の手引きはこちら